美容皮膚科のウルセラ | 安全性 | 口元のシワ | 眉の下がり | まぶたの下がり | 注意点 | 額のしわ | トラブル | サイトマップ

たるみを除いて老け顔改善

口元のシワなどにも効果的

年を重ねるとともに女性たちを悩ませるお肌の緩み、
頬や目元、口元にたるみやしわが現れたり
ほうれい線が目立ち始めたり、太っていないにも
かかわらず二重あごになってしまったり、
フェイスラインはもたつき始めてしまいがちです。

口元のシワ

このような肌の緩みは、美容皮膚科でのたるみ治療、
ウルセラが最適です。

ウルセラは、今までであれば手術でしかアプローチできなかった
お肌の深層部分、表在性筋膜にしっかりと熱エネルギーを
照射することができるので、奥からぎゅっと肌が
引き締まり、リフトアップ効果が現れます。

他のたるみ治療のように、頻度を重ねずとも、一度の照射でも満足のいく引き上げ効果が
期待でき、半年から一年程度持続することも可能です。

肌質改善

口元に現われる細かいシワもすっきりと消し、若々しい
ハリのある美肌が蘇ります。

アメリカで開発されたウルセラ|実用化までの歴史とは

そのウルセラは、肝臓腫瘍の画像診断と除去治療を同時に行える
当時の医療機器を応用して、2004年にアメリカで開発されました。

高密度集束式超音波という泌尿器科や婦人科領域などで
既に実用化された理論に基づいたもので、高エネルギーの超音波を
収束させて狙った組織のみを強く熱変性させる効果があります。

その特徴は、皮膚の表面部分にはダメージを与えないことで、
たるみについては頬を支えている筋膜組織をピンポイントで
熱変性させ収縮させることによって、引き上げ効果を得ることができます。

実用化までには長い年月を要しましたが、その後さまざまな医療機関や
大学での臨床試験を繰り返し、有効性と安全性を立証することができたウルセラは、
日本の厚生労働省に当る行政機関であるFDAに、眉毛のリフトアップに
効果がある美容医療機器として、承認を受けることになります。

現在ではウルセラを使用したリフトアップの施術は、開発国であるアメリカでは
既にスタンダードとなっており、日本でも美容外科のアンチエイジング施術に
使用されるようになりました。

年を重ねるごとに顔に表れる二重あごや口元のシワ、肌質改善のための
アンチエイジング治療などは、今後ウルセラを使用した施術が
主流になっていくと考えられています。

優れた技術であるウルセラ


毛穴も目立ちにくくなるなど肌質改善効果も期待でき、
アンチエイジング治療としては、メリットの非常に多い
おすすめできる美肌治療です。

従来まではどれだけ努力をしていても防ぎきれなかった
加齢による肌のたるみも、現在の高度な医学により、こういった
ウルセラのような治療法で改善することができるのです。

医療技術が高いことで知られるアメリカで、「リフトアップ効果がある」ことで
正式にFDAから認証されているほど、ウルセラは優れた技術なのです。

Copyright© 2016-2018 部分別たるみの悩み All Rights Reserved.